営業車両をラッピングすれば走るだけで宣伝効果がUP

愛車にオリジナルなデザインやカラーリングを施せば、表現力を豊かに加工することができます。

車体をデザインする方法の1つにラッピングがありますが、営業車両全面に施せばそれ自体を広告の媒体にすることが可能です。前から後ろから、そして上から見られる場合でもインパクトの強い宣伝効果が期待できます。広告目的だけでなく、趣味としてオリジナルのデザインカーとしても目立たせることができ、車両の塗装保護効果を得られるメリットもあります。営業車両にラッピングを施す最大のメリットは、公道を走らせるだけで大きな宣伝効果があるところです。

インクジェットプリンターでプリント出力したフィルムを車体に貼る装飾方法なので、車体まるごとすることも部分的にすることもできます。企業や商品の広告を宣伝するのに最適で、イラストや写真をプリントしたり文字をプリントすることも可能です。コンピューターを使用するので自由にデザインすることができ、色もフルカラーを実現できます。塗装と違って剥がせばいつでも元に戻せるので、費用対効果も大きいです。

走る宣伝広告として利用価値の高い営業車両のラッピングですが、単に公道を走らせるだけでは十分な効果は期待できません。営業車両をラッピングでデザインする場合、細かな情報ではなくインパクトを重視することが大事です。広告宣伝車は道路を走るものなので、細かな文字が書かれていても読みきるのが困難です。商品やサービス、企業のすべてを伝えるのは難しいので、歩行者の目を引くことを第一に考えて製作するようにしましょう。ラッピングには簡単に剥がせる特徴があるので、それを生かしてスピーディにデザインを貼り替えながら広告を展開することも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *