営業車両をラッピングしてイメージアップしましょう

普段から取引先を回る営業車両は、どんな外観にしているでしょうか。

とりあえず購入した時に社名とロゴは入れたけれどという企業さまも多いかと思いますが、中にはそれすらも行っていないというところもあるかもしれません。営業車両はいわば会社の顔ですから、特徴的なデザインを施せばよりインパクトがあり、会社を一般の方に印象付ける効果が期待出来ます。車は誰がどこで見ているか分かりませんので、あるいはこうした事が新しい取引の拡大に繋がる可能性も充分にあります。いわば走る広告塔として利用できる素地が充分にあるのです。

こうした営業車両の有効活用に使って頂きたいのが、ラッピングです。ラッピングとは車両用の特殊なフィルムで車体をコーティングする技術です。貼り付ける前に予めフィルムに好きなデザインを印刷しておき、自由自在に車体を彩る事が出来ます。塗装との違いは、施工に必要とされる技術がそれほど必要なく、印刷ですから工場によって仕上がりにムラが出ないという点が挙げられます。

フィルムを貼る面の塗装は落とす必要がなく、ラッピングによって塗装を守る効果も期待出来ます。更に工程が簡単な分、費用も低く抑えられる点も大きな利点です。ラッピングは電車やバスでも利用されていますので、基本的にはどんな車体でも大丈夫だと思って頂いて間違いありません。丈夫で安くて簡単といいところばかりのラッピングは、手軽に出来るものですので、ぜひ利用して頂きたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *