営業車をラッピングカーにするメリット・デメリット

ラッピングが施された営業車は非常に高い広告効果が期待できます。

普段から同じようなルートを走ったり、決まった地域内で営業活動をする営業車にラッピングを施したものを使用すると、その地域に住んでいる人たちの目に留まる回数が自然と増え、印象に残りやすくなります。この効果をザイオンス効果といい、テレビで同じCMを何度も流すことによって視聴者に印象付ける手法、というのが代表的な例になります。この心理効果を利用する場合に注意をしなければいけない点は、ザイオンス効果とはあくまで、印象付けるだけなので、悪いイメージを良いイメージに変えるような効果はありません。

広告イメージがポジティブでよい印象を与えているものならば、その効果は絶大ですが、逆に悪いイメージだった場合はそのイメージを増幅してしまうリスクもあります。悪いイメージがつくことを回避するためにも、広告のデザインやラッピングの施工のクオリティも大切な要素になります。カーラッピングを依頼する場合は高い技術を持った会社に依頼しましょう。

それ以外にもラッピングされた営業車は非常に目に留まりやすいので、その車を運転している社員の人間も同時に見られていることになります。もし運転している人間が、モラルのない行動をしていたりすると、すぐにどこの会社の営業車か分かってしまうので、社員の教育も大切な点になります。逆に言えば、多くの人に見られていることを社員も自覚することになるので、自然とモラルのある行動をとるようになるという効果も期待でき、広告効果だけでなく、社員の教育も同時におこなえる事もメリットといえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *