営業車のラッピングの効果

営業車にラッピングが施されているのを見る機会はよくあるはずです。

あれは、車両を利用した宣伝方法として、様々な会社や個人事業主に採用されています。営業車は仕事の時の移動に利用しますが、その移動を宣伝に使えるのがメリットです。何も書いていないと何の営業車かはわかりませんが、ラッピングがされていればそれがわかり、問い合わせ先などを書いておけばそれを見た人がサービスを利用してくれる可能性もあります。

引越し屋さんのトラックや、鍵や水道の修理屋さんなどの車を見れば、こうしたラッピングがされていることがわかるはずです。ただ、企業のロゴを入れるだけでも、人々に知ってもらう良い機会になるので意味はあります。知っている会社であっても、よく見かけるなら良い印象を持ってもらいやすくなります。具体的にすぐに利用してもらうことを目的としていなくても、後々にその会社のサービスを使ってみようと思ってもらえれば上出来です。

わざわざ宣伝広告をチラシなどで出さなくても、営業車によって効果的にアピールできるので、多くの会社が採用しています。ラッピングの副次効果としては、車両を保護することができる事が挙げられます。ラッピングは表面にフィルムを貼るので、それによって石の飛び跳ね等による傷がつくのを防ぐことが可能です。これは、車両を中古車として売却するときに査定価格が上がりますし、メンテナンスにかかる費用を節約することにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *