営業車両のラッピング

営業車両であれば、普通は車両のボディーに会社名やロゴ、住所や電話番号、その他にもセールスポイントなどが表示されることが一般的ですが、これをラッピングにより対応することも可能です。

これまでの当たり前の方法では、先に書いたような内容を塗料を使って書き込むということが普通だったでしょう。これは別に悪いというわけではありませんが、一つ一つ書いていく以上、どうしても時間やコストがかかってしまいます。また、文字を書き込む程度であればまだ比較的容易でしょうが、文字ではなく絵柄などのデザインを施し、人目をしっかりと引きつけるような営業車両にしたいと思えば、これは塗装という形を取るのは相当に大変な作業になってしまいます。

ところが、ラッピングの場合はそのような大変な作業は生じません。ラッピングでは営業車両のボディ表面を塗装するのではなく、上からフィルムを貼り付けることになります。そのフィルムに予め必要な文字や絵柄、デザインなどを印刷しておけば良く、それはパソコンと専用のプリンターがあれば容易に実現できます。出来上がったフィルムをボディーに綺麗に貼るには多少の熟練は必要ですが、それも塗装をするほどでは決してありません。実際、街中で従来のような社名やロゴ程度だけのボディーではなく、見た目も色鮮やかな営業車両を見かけることも増えてきていますが、それらはほぼ間違いなくこのラッピングによって実現されているものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *