他とは違う営業車両ラッピングで差を付けよう

営業車両にラッピングを行い、効率的に広告活動を行う企業や店舗などが増加傾向にあります。

不特定多数の人に向けた媒体に広告を出すより、狙っている地域の顧客候補に効果的に広告を出せる、わざわざ媒体を探す必要がないなどのメリットが注目を集め、今では当たり前の広告戦略の一つとして定着しています。ただ、定番化しているということは、道行く人に注目してもらうには、自社の商品やサービスなどの宣伝と同時に、他とは違う個性を表現して差を付けなければいけない時代にも突入しています。

宣伝だけでは振り向いてくれない、かといって個性を重視すると何の広告なのか分からず広告効果が期待できないなどのジレンマに陥っている企業も多いと聞きます。そんなときに、どのようなラッピングを営業車両に施せばよいのでしょうか。まずは競合他社のラッピングカーなどの広告戦略を熟知しておく必要があります。他社の動向を知らなければ差異を付けることは難しいでしょう。

その上で営業車両へのラッピング戦略を話し合う必要があります。そしてラッピングにあたって大事なのが、人の目を引くということと同時に、その内容やデザインを覚えやすい物であるかという記憶性に優れているかということも重要です。街で目にした個性的な営業車両のことを人に話したり、SNSなどで発信したいがどんなものか忘れてしまった、そうなってしまっては目を引いた意味がありません。このように自社からの発信だけでなく、一般ユーザーからの発信も見込めるような営業車両づくりを心掛けるのも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *