効果的な宣伝ができる営業車両のラッピング

痛車でおなじみになったカーラッピングは、営業車両にも同じように施すことができます。

目立つ分宣伝効果も抜群なので、宣伝方法にお悩みの企業は一度試してみてはいかがでしょうか。なお営業車両にラッピングする場合、車両選びに若干気を付けなくてはいけない点があります。まず第一に、あまり古くない車両を使わなくてはいけないことです。実は古い車両にフィルムを貼り付けると、剥がす時に表面の塗装が一緒にとれてしまう可能性があるからです。

新しい物なら元に戻すためにフィルムを剥がしても、そんな心配をする必要がありません。したがって営業車両にラッピングを施す時は、永久にその状態で使うか新しい車両を使用するようにしてください。また宣伝目的で装飾する場合、車体の大きさや形も重要なポイントになります。大きさについては大きければ大きいほどインパクトがあるものの、だからといってそこにこだわりすぎるとその分コストがかさみます。また無駄に大きければその分走れる道が限定されてしまうので、その点も踏まえてほどほどの大きさの物を選ぶようにしましょう。

車両のサイズについては、デザインを派手目にしたり変わった形の車両を使用することで十分大きさの問題をカバーできます。ようは歩行者や運転手の目に留まればいいので、そこを考えながら車両の選択をすれば十分に宣伝カーとしての機能も果たせます。営業車両のラッピングは必ずしも必要ではないものの、導入することで宣伝や目印といった効果をもたらしてくれるはずです。営業に車両を使用している企業は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *