Skip to content

浅草できびだんごを食べよう

きびだんごといえば岡山市の銘菓というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。シンプルな味わいで食べやすく、個包装されているのでお土産としても人気がある商品の一つです。また、駄菓子にも昔ながらの、きびだんごという商品があります。子供にも長く人気があるお菓子だという事がよく分かります。

そんな代々愛され続ける和菓子ですが、都内でも気軽に味わえる場所があります。それが浅草です。浅草のきびだんごはきなこがまぶされていることが多いですが、このように地域によって作り方が違うのも面白いものです。浅草できびだんごを食べるなら、やはり仲見世通りでしょう。

江戸時代に実在したという本格的なだんごを食べることができるはずです。実演販売をやっているお店も多いので、つくり立てのだんごを味わう事ができ、味も別格です。もちろん、テイクアウトでの購入も歓迎しています。手の消毒をしっかり行い、衛生観念が叫ばれる現代ではお持ち帰りにした方が安全かもしれません。

ご自宅で抹茶を淹れて食べるというのも乙なものです。家で作る時もお湯でゆでるだけという、とても簡単な作業で出来上がりです。お餅は固くなってしまうとあまりおいしくないので、作ったら早めに食べると良いでしょう。冷蔵品は賞味期限も短いです。

しかしまた食べたくなったら浅草に訪れてみて下さい。こんな便利なエリアに、美味しいきびだんごのお店がある事は大変喜ばしいことです。浅草のきびだんごのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *