Skip to content

浅草名物、きびだんご

雷門から浅草寺本堂を結ぶ仲見世通り。仲見世通りといえば、雷おこしや人形焼、出来立ておせんべいなど色々な美味しものや土産物が沢山ある活気溢れた通りですよね。足を踏み入れた瞬間からもうどこに立ち寄って何を食べようか迷ってしまいます。そんな中でもひときわ賑わっているお店があります。

それが、うさぎの可愛いマークが目印のあづまのきびだんご。ここは、日本人観光客だけではなく、外国人観光客からも人気を集めています。きびだんごと言うと思い浮かべるのは、桃太郎の昔話ですが、岡山県名物の求肥餅(ぎゅうひもち)で、すりつぶしたもち米に砂糖、水飴、きび粉を加えて火をかけて練って丸めたもので、なんと江戸時代から作られているといいます。このあづまのきびだんごも、実際に江戸時代に浅草のこの人が集まる仲見世に実在したそうで、今では、粋なにいさんと下町娘たちが毎日、実演販売にて再現をしています。

そんな昔から食べられてるお菓子だったなんてびっくりですよね。あづまでは、きびだんごを串に刺して5本セットで販売しているので仲間とシェアもできるし、とても食べやすいのでそのまま食べ歩きにもってこいです。そして、添加物を使用してないで熱々のうちに食べる事をお勧めしているとの事。自然なものだからこそ、冷めてしまうと固くなってしまうのだとか。

浅草に行った時は、このきな粉たっぷりの美味しい出来立てきびだんごを是非食べてみてはいかがですか?

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *