Skip to content

浅草名物のきびだんご

浅草は、鰻やすき焼きなどの歴史がある食べ物が多くある街です。江戸時代からある「きびだんご」も名物の一つに挙げられます。浅草で有名なきびだんごは、江戸時代に岡山県から伝わり、人が集まる仲見世で販売されたことがきっかけで定着していったと言われています。岡山県では、きびがよく採れたことからきびをだんごにして食べたことが始まりです。

岡山県と浅草のだんごは、もち米・きび粉・水あめ・砂糖で作られていることは変わりませんが、それぞれに特徴があります。岡山県のだんごの特徴は、形が丸くて色が白く、大きめなものが多いことです。浅草のだんごの特徴は小さめのサイズで、きな粉がかかっていることです。同じきびだんごでも、地域によって違うものが楽しめるのも魅力です。

浅草のきびだんごは一般的なだんごと比べると、小さいサイズです。そのだんごが串に4つ刺さっているため食べやすく、味も甘いだけではなく、しょっぱさも感じられる味付けになっているので、甘いものが苦手な人にも親しまれています。江戸時代からの変わらぬ味を再現していて歴史を感じさせるだけではなく、実演販売をすることで茹でたてのもっちりした食感を楽しめる工夫もしています。出来立てのだんごは、普段食べるだんごより美味しさが増して感じられるでしょう。

もしその場で食べられない場合は、家に帰ってからだんごを串から外し、軽く煮ると柔らかさが戻るので美味しく食べられます。このように、きびだんごには歴史と思い入れが詰まっています。背景を知ったうえで、だんごを味わってみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *