Skip to content

海外航空券の3つの種類とは

外国旅行となると、豪華客船よりも飛行機で移動する人がほとんどで、海外航空券が必要になります。世界中に航空会社は多数ありますが、航空運賃の際立った格差を防止するなどの目的で、基準となる価格が決められることになっています。各国の航空会社は通称イアタと呼ばれるIATA(国際航空運賃協会)に加盟しており、規定の計算方式により運賃が決定されます。国際線が飛ぶ世界のエリアは、IATAにより3つに分類されています。

エリアごとの会議で価格は決定しますが、ここに加わるのが個々の条件です。1つめのエリアは南アフリカ大陸とその周辺の島々や太平洋西部の島々で、ハワイはここに含まれます。2つめはヨーロッパやアフリカ、中近東です。3つめがアジア全域のほかロシアやオーストラリア、ニュージーランドなどになります。

海外航空券の運賃は、たどる経路や途中降機地のあるなしなど、様々な要素によっても変化します。もちろん、原油価格や旅行の時期などによって違ってくるのも当然です。いうまでもありませんが、ファーストクラスやビジネスクラス、エコノミーなどシートクラスによる差もあります。海外航空券には大まかに3種類のタイプがあり、最も基本になっているのは正規の普通運賃です。

ここで算出された以上の運賃は時期にかかわらず越えることはなく、1年間の有効期間内の予約変更ができます。正規割引運賃航空券はPEX運賃と呼ばれ、時期や会社により違いが出ます。さらに格安航空券はもともと団体用のレートで発行されたもので、格安な分有効期間が短く、予約変更不可というのが通常です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *